[故障診断と対策事例]ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない

ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない

目次

車両

ヤマハ srx250

YAMAHA SRX250

症状

ブレーキレバーを握っても感触が固く、ブレーキが効かず取り回しが重い。

考察

ブレーキキャリパーピストンの固着

ブレーキキャリパーの内部には、ダストシール・オイルシールが取り付けられています。
ブレーキキャリパーと各シール間、ピストンと各シール間にホコリ等の異物が入り込んでしまい、その異物がクリアランスを狭めていくことでキャリパーピストンの抵抗になりブレーキキャリパーが固着します。

画像を見る限り、キャリパーピストンは固着していそうです。

ブレーキマスターシリンダーの固着

ブレンボ ブレーキマスター2

ブレーキマスターシリンダーが、錆や腐食で固着している場合があります。
特に排気量250cc未満の車両は、車検が無いのでブレーキフルード交換しない車両があり、経年とともに腐食・錆が発生して、ブレーキマスターシリンダーの固着が発生します。

ブレーキマスターピストンの凹みにブレーキレバーが突っかかる

ブレーキレバーとブレーキマスターピストンの接触する事により、ブレーキマスターピストンが削れて穴が開くように凹みます。その凹みにブレーキレバーが突っかかり動きが渋くなります。
ブレーキレバーは、マスターピストンを垂直に力を加える訳ではありません。なぜなら、ブレーキレバーは弧を描いて動く為です。
画像が無いのでイメージしずらいですが、ブレーキマスターピストンに凹みがある場合は、ブレーキマスターピストンの交換をお勧めします。

原因

ブレーキマスターピストンの錆による固着と、ブレーキキャリパーピストンの固着でした。
原因が2つ同時に発生するケースは珍しいですが、長期保管していたとの事なので納得です。

対策

ブレーキキャリパーと、ブレーキマスターのオーバーホールを行いました。

ブレーキキャリパーのオーバーホール

ブレーキフルードを抜いてブレーキラインの清掃した後、ブレーキキャリパーピストン・オイルシール・ダストシールを交換しました。

ブレーキマスターのオーバーホール

ブレーキマスターシリンダー内のサビを清掃して、マスターピストン・オイルシール・ダストシールを交換しました。

まとめ

  • 症状:ブレーキレバーを握っても感触が固く、ブレーキが効かず取り回しが重い。
  • 原因:ブレーキマスターピストンの固着と、ブレーキキャリパーピストンの固着。
  • 対策:ブレーキキャリパーと、ブレーキマスターのシール類・ピストン交換、錆・腐食の除去を実施。

小ネタ

ヤマハ srx250

今回の参考車両であるYAMAHA SRX250は、単気筒ですがキャブレター・マフラーが2つ装着されている特殊なバイクです。
低中回転側・高回転側でキャブレターが分かれています。
今の250ccのバイクと比べると、非常にパワフルです。低回転も街中を走るには十分なトルクがあります。
高回転もある回転数以上になると高回転用のキャブ作動する事により2サイクルエンジンのパワーバンドのように切り替わりが分かり高回転で回してもトルクがあるので峠道でも面白いだろうと感じました。

結構、マイナー?で価格も手ごろなのでセカンドバイクにはピッタリの1台だと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. ブレーキキャリパーとは

    ブレーキキャリパーとは

  2. フロントブレーキキャリパー取り外し・取り付け方法

    バイクのフロントブレーキキャリパー取り外し・取り付け方法

  3. ブレーキレバー交換方法

    バイクのブレーキレバー交換方法

  4. フロントブレーキフルードの交換方法

    バイクのフロントブレーキフルード交換・エア抜き方法

  5. ブレーキフルードの補充方法

    バイクのブレーキフルード補充方法

  6. 走行すると、リアホイール周りからカタカタ異音が発生

    [故障診断と対策事例]走行すると、リアホイール周りからカタカタ異音が発生

  7. ブレーキランプバルブ交換方法

    バイクのブレーキランプバルブ交換方法

  8. フロントブレーキディスク交換方法

    バイクのフロントブレーキディスク交換方法

  9. 不可解な現象

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ALLメンテナンスSHOPは商品登録作業の為、現在メンテナンス中です。ご迷惑をお掛けしております。

最近の記事

  1. 不可解な現象
  2. 汎用ガスケットシートを使用した、紙ガスケットの製作方法
  3. バイクの整備項目(ALLメンテ オリジナル)
  4. キャブレターのガス抜き方法 キャブレターのガス抜き方法
  5. [故障診断と対策事例]エンジンの始動不可、燃料タンクにサビ発生を確認。
  6. バッテリーの選び方 バッテリーの選び方・交換時期・お勧めメーカー
オールメンテナンス LINEアット バナー-2

質問フォーム





整備で分からない事等ございましたら、無料でご対応しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
ALLメンテナンスはバイクを大事にするDIY整備オーナーを支援します。



チェック入れてね

PAGE TOP