[まとめ]バイクのライテク向上ノウハウ

[まとめ]ライテクノウハウ

ライディングを最短で上達するには走っている最中に考えて修正を繰り返して走ります。
なぜ、バンク角が浅いのか?
腕に力が入っているからではないか?
ニーグリップを意識して腕に力を掛けないようにしてみよう。

“上手くいかない原因を考える→対策を考える→修正する”

この繰り返します。
それを行うだけでライテクは確実に向上します。
まずは、以下に書かれた事を実践して頂いた上で修正を繰り返して頂きたい。

ライテクノウハウ

ニーグリップできる服装か、タンクパッドを装着する

ニーグリップとは膝でタンクを挟み込む事です。
タンクをしっかりホールドする事でコーナーリング時に安定して曲がります。

ジーンズなどで走行すると、コーナーリング時にタンクが滑り膝で支えられなくなり手足等無駄な所に力が入ってしまい旋回性能が下がります。
対策としてジーンズを使用するならタンクパッドを装着する。もしくは、滑らないパンツを使用する事をお勧めします。

想像以上に効果はあり、安全な服装だとメンタル的にも安心して車体を傾ける事ができます。

お勧めタンクパッドは以下のようなものです。

お勧めパンツは以下のようなものです。

顔をコーナーに向ける

目線ではなく、顔を向けます。
顔を向けると荷重が曲がる方向に自然と掛かるようになりバイクはより曲がるようになります。

頭は常にタンクの上

バイクの挙動がブレても頭がバイクの中心にあれば対処できる場合が多いです。
公道ではコーナー先に何があるか分かりません。下見をして走ってもライダーが転倒している可能性もあるので頭はタンクの上に置いて常に対処できる姿勢でいましょう。

ハンドル(手)に力を入れない

ハンドルに力を加えるとバイクの曲がりを妨げてしまいます。
力を入れていないと思っていてもブレーキング時に力が加わりやすく、そのままコーナーに入ると手に力が入ったまま曲がる事になります。
手に力を入れない為にはニーグリップで膝と背中で吸収します。

慣れてきたらコーナーリング中に曲がっている方向に気持ちハンドルを切るとコーナーに吸い込まれるように曲がっていきます。

お尻を半分シートから落として、膝を出す

バイクは重心を移動させて曲がる乗り物なので、膝を出しお尻を半分落とす事で旋回方向に荷重がかかり曲がりやすくなります。

直線で減速を終わらし、出口が見えたらスロットルを開ける

  1. コーナー直前までにフロントブレーキ7:リアブレーキ3の割合で制動させて減速を終わらせます。
  2. リアブレーキを緩めた後フロントブレーキを少し緩めて引きずったままコーナーに侵入します。
    フロントフォークが沈み込んで旋回性能が上がります。
  3. コーナーの先に顔を向け、お尻を半分シートから落として膝を出し、手は力を入れず、気持ち旋回方向にハンドルにテンションを与えながら旋回します。
  4. 出口が見えたら、スロットルを少しずつ開け始めます。

ライディングテクニックは百回聞くより一回見る方が早いので、手早く上達したい方はライディングスクールかDVDを観て練習するとよいでしょう。

ライディングスクール:ライディングアカデミー東京
DVD:ライディングテクニック向上DVD(全額返金保証付)

まとめ

  • コーナーに顔を向ける
  • 頭は常にタンクの上
  • ニーグリップできる服装・タンクパッドを装着する
  • ハンドル(手)に力を入れない
  • お尻を半分シートから落として、膝を出す
  • 直線で減速を終わらし、出口が見えたらスロットルを開ける

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. [まとめ]バイク保険ノウハウ

    [まとめ]バイク保険ノウハウ

  2. バイク整備マインド

    バイク整備における状況判断の考え方

  3. メンテナンススタンドの使い方-2

    バイク用メンテナンススタンドの使い方

  4. バイクの整備項目(ALLメンテ オリジナル)

  5. プラグの締め付け角度・トルク一覧表

    プラグの締め付け角度・トルク一覧表

  6. [まとめ]バイク売却ノウハウ

    [まとめ]バイク売却ノウハウ

  7. ブレーキペダルフィーリング向上方法

    ブレーキペダルフィーリング向上方法

  8. 締め付けトルク単位変換表 N-m kg-m

    締め付けトルク単位変換表(kg-m⇔N-m)

  9. [まとめ]サービスマニュアル・パーツリストノウハウ

    [まとめ]サービスマニュアル・パーツリストノウハウ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ALLメンテナンスSHOPは商品登録作業の為、現在メンテナンス中です。ご迷惑をお掛けしております。

最近の記事

  1. 汎用ガスケットシートを使用した、紙ガスケットの製作方法
  2. バイクの整備項目(ALLメンテ オリジナル)
  3. キャブレターのガス抜き方法 キャブレターのガス抜き方法
  4. [故障診断と対策事例]エンジンの始動不可、燃料タンクにサビ発生を確認。
  5. バッテリーの選び方 バッテリーの選び方・交換時期・お勧めメーカー
  6. エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くなる [故障診断と対策事例]エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン…
オールメンテナンス LINEアット バナー-2

質問フォーム





整備で分からない事等ございましたら、無料でご対応しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
ALLメンテナンスはバイクを大事にするDIY整備オーナーを支援します。



チェック入れてね

PAGE TOP