[故障診断と対策事例]エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

車両

NS-1

HONDA NS-1

50cc,単気筒,キャブレター1個

症状

スロットルグリップを捻った際、開度が異常に狭く(約5mm)しかなく、エンジン始動が困難で、エンジン始動すると、レッドゾーンまで吹け上がってしまう。

考察

スロットル開度が異常に狭く、一気にレッドゾーンまで吹け上がるのは、スロットルワイヤーが引かれている状態と考えます。

多気筒のバイクでキャブレターのスロットルワイヤーが片方だけ上がっていると同様に近い症状が出ます。今回は単気筒でキャブレターは1つですので、こちらは違います。
また、キャブレターのジェットニードルがキャブレターオーバーホール時に誤って曲がりスロットルバルブの動きが制限され開いた状態という場合もありました。

原因

スロットルケーブル 外れている

スロットルケーブルと、キャブレターケーブル・オイルポンプケーブルに変換するパーツであるスロットルケーブルケースがステーから外れ、更にスロットルケーブルがスロットルケーブルケースから外れている事でキャブレターのスロットルバルブが8割程度上がった(開いた)状態でした
オーナー様がキャブレターを分解したとの事でしたので、おそらくケースをステーに取り付け忘れたのでしょう。

2サイクルエンジンなのでスロットルケーブルがそのままキャブレターへ繋がっている訳ではありません。
スロットルケーブルから、キャブレターのスロットルバルブへ繋がるケーブル、オイルポンプのコントローレバーへと繋がるケーブル、2つあります。排気デバイスが装備されているバイクには、排気デバイス用のケーブルもあります。

対策

スロットルケーブル 元に戻す

スロットルケーブルを元通り取り付けました。
また、ワイヤリング(ケーブルや配線の通り道)も正しい位置を通っているのか確認しました。

スロットルケーブル ケッソクバンドで固定

再発防止の為、外れないように結束バンドで固定しました。
スロットルの動きを確認し、エンジン始動後、正常に動作するかを確認して作業完了です。

まとめ

  • 症状:スロットルグリップの開度が狭く(約5mm)しかなく、エンジン始動が困難でエンジン始動すると、レッドゾーンまで吹け上がってしまう。
  • 原因:スロットルケーブルケースがステーから外れ、更にスロットルケーブルがスロットルケーブルケースから外れている事でキャブレターのスロットルバルブが8割程度上がった(開いた)状態。
  • 対策:スロットルケーブルを元通り取り付け、再発防止の為外れないように結束バンドで固定。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. バイクのスロットルワイヤー注油方法

    バイクのスロットルワイヤー注油方法

  2. エアクリーナーボックスの取り外し・取り付け方法

    バイクのエアクリーナーボックス取り外し・取り付け方法

  3. バーエンド取り外し・取り付け方法

    バーエンド取り外し・取り付け方法

  4. チョークワイヤー交換方法

    バイクのチョークワイヤー交換方法

  5. キャブレターの取り外し・取り付け方法

    キャブレターの取り外し・取り付け方法

  6. バイクのクラッチワイヤー交換方法

    バイクのクラッチワイヤー交換方法

  7. 走行すると、リアホイール周りからカタカタ異音が発生

    [故障診断と対策事例]走行すると、リアホイール周りからカタカタ異音が発生

  8. チェーン注油方法

    バイクのチェーン注油方法

  9. ドライブチェーンの張りとアライメント調整方法

    バイクのチェーン張り調整方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. バイク用缶スプレー塗料 デイトナ MCペインターのカラーコードと車種適合一覧表
  2. クラッチフルード交換方法
  3. バッテリー電解液の注入方法
  4. その他の整備小技集
  5. 電装系の整備小技集
  6. 外装系の整備小技集
オールメンテナンス LINEアット バナー-2

質問フォーム





整備で分からない事等ございましたら、無料でご対応しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
ALLメンテナンスはバイクを大事にするDIY整備オーナーを支援します。



チェック入れてね

PAGE TOP