純正部品見積もり・発注

純正部品見積もり・発注

国内バイクメーカーの純正部品見積もり・発注用紙です。

メンテナンス時パーツを分解していくうちに、破損しているパーツが出てきます。
それらパーツを書き留めておき、一通り分解し終わったら発注して部品が届いてから新品部品を使用しながら組み付けていくとよいでしょう。

頭で覚えておくと、忘れてしまうので都度必ず書き留めておく事をお勧めします。

注文はFAXから受け付けております。
また、現在純正部品見積もり・発注システムを開発しており、数分で在庫個数や見積もりをお渡し出来る予定です。それまでは以下の用紙からFAXでお送り下さいますようお願い申し上げます。

Q&A

  • 送料はどれくらいでしょう?
    • 10,000円(税込)以上のご購入で送料無料とさせて頂きます。10,000円(税込)未満は、送料は1,000円(税込)頂戴致します。
  • パーツが廃盤の可能性はありますでしょうか?
    • 廃盤の可能性がございます。生産から7年間は部品を供給する必要があるため、部品は必ず入手できますがそれ以降は基本、在庫部品を消耗する事になりますので廃盤になっている可能性がございます。廃盤になりましても、メーカーは生産する場合もございます。また、廃盤部品になりましても、その代わりとなる後継部品がある場合がございます。お渡しする部品も発注したパーツとは異なる品番でお渡しする可能性がございますのでそれは後継部品となりますので予めご了承ください。もし、代わりとなる部品を探してほしいとの事でしたら、こちらでお調べ致しますのでお気軽にLINEやお問い合わせからご相談下さい。
  • 1990年代のバイクなのですが、パーツリスト通りの価格なのでしょうか?
    • 価格は異なる可能性がございます。パーツリストの価格は、当時の価格でございますので現在の価格は異なる可能性がございます。基本的に経年により価格は上がる傾向にございますのでお早めに入手したほうがよろしいかと存じます。後継部品は基本的に価格は上がる傾向にあるようです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 標準締め付けトルク一覧表

    バイクの標準締め付けトルク一覧表

  2. バイク整備マインド

    バイク整備における状況判断の考え方

  3. タップ下穴寸法一覧表

    タップ下穴寸法一覧表

  4. シフトペダルフィーリング向上方法

    シフトペダルフィーリング向上方法

  5. [まとめ]バイク売却ノウハウ

    [まとめ]バイク売却ノウハウ

  6. ブレーキペダルフィーリング向上方法

    ブレーキペダルフィーリング向上方法

  7. ボルト・ナット頭の清掃方法

    [ルックス向上]ボルト・ナット頭の清掃方法

  8. [まとめ]サービスマニュアル・パーツリストノウハウ

    [まとめ]サービスマニュアル・パーツリストノウハウ

  9. ステップバー交換方法

    ステップバーの交換方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ALLメンテナンスSHOPは現在メンテナンス中です。ご迷惑をお掛けしております。

最近の記事

  1. [故障診断と対策事例]エンジンの始動不可、燃料タンクにサビ発生を確認。
  2. バッテリーの選び方 バッテリーの選び方・交換時期・お勧めメーカー
  3. エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くなる [故障診断と対策事例]エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン…
  4. ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない [故障診断と対策事例]ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない
  5. プラグキャップが容易に外れる2 [故障診断と対策事例]プラグキャップが容易に外れる
  6. 走行すると、リアホイール周りからカタカタ異音が発生 [故障診断と対策事例]走行すると、リアホイール周りからカタカタ異音が発生
オールメンテナンス LINEアット バナー-2

ぼやきフォーム





問い合わせ程でもない内容は、こちらでぼやいてね!

チェック入れてね

PAGE TOP