フロントフォークフィーリング向上方法

フロントフォークフィーリング向上方法

フロントフォークはダストシールとオイルシールの油分が無くなると抵抗を生んでフロントフォークのフィーリング低下を招きます。

定期的にシリコングリスやオイルを塗布する事で抵抗が減りフロントフォークのストロークフィーリングが一段と向上します。
10分ほどで終わる作業なので定期的(2、3か月に1度)に実施しましょう。

今回はフロントフォークのフィーリング向上方法について解説します。
是非、参考にして頂きたい。

整備情報

  • 時間: 約10分
  • 費用: 無料
  • ショップ工賃: 約500円
  • 難易度: ★☆☆☆☆

作業手順

1.ダストシール取り外し

ダストシール 上げるフロントフォーク ダストシール 浮ける2
マイナスドライバーかシール外しドライバーをダストシールとフロントフォークのアウターチューブ間に差し込みましょう。
塗装されているアウターチューブの場合は先端が丸いシール外しドライバーを使用すると塗装剥がれを抑える事が出来ます。

フロントフォーク ダストシールを浮ける2フロントフォーク ダストシール 浮ける4

ドライバーの先端を立ててダストシールを持ち上げましょう。
1か所のみならず複数ヵ所持ち上げると外し易くなります。

フロントフォーク ダストシール 浮け後フロントフォーク ダストシールを浮ける5

浮いたダストシールは上げておきましょう。

2.注油

フロントフォーク オイルシール エアブロー

エアーツールがある場合はダストシール内部をエアブローして異物を飛ばしましょう。

フロントフォーク シリコングリスインナーチューブ シリコングリス塗布フロントフォーク シリコングリス塗布後

インナーチューブの外周にシリコングリスを塗布しましょう。
エンジンオイルやフォークオイルでも構いません。

フロントフォーク シリコングリス塗布後2

同様にもう片側のダストシールも上げてシリコングリスを塗布しましょう。

バイク ボトムバイク ボトム2インナーチューブ ボトム2回目インナーチューブ ボトム2回目2

フロントブレーキを握りフロントに荷重を掛けて3~5回程フロントフォークをストロークしましょう。
これにより、インナーチューブに塗布したシリコングリスがオイルシールとインナーチューブ間に入り込み動きがスムーズになります。

インナーチューブ ボトム2回目3

フロントフォークをストロークした分だけ画像のようにシリコングリスが無くなっています。

インナーチューブ シリコングリス塗布 2回目インナーチューブ シリコングリス塗布 2回目後

確実にグリスを割り込ませる為に”シリコングリスを塗布した後3~5回のストローク”を2~3セット行いましょう。

インナーチューブ シリコングリス 拭き取りインナーチューブ シリコングリス拭き取り2インナーチューブ シリコングリス塗布後

ウエスでシリコングリスを除去しましょう。
シリコングリスは錆防止にもなるのでパーツクリーナーで除去する必要はありません。

3.ダストシール取り付け

ダストシール 下すフロントフォーク ダストシール 下す2フロントフォーク ダストシール 下す

ダストシール下げてアウターチューブに指で押し込みましょう。
確実に押し込まないとダストシールが斜めになり抵抗を生んでフィーリングが低下するので注意しましょう。

フロントフォーク ダストシール 下す4

もう片方のダストシールも同様に指で押し込みましょう。

フロントフォーク ダストシール 拭き取り

ダストシールに付着したシリコングリスをウエスで拭き取りましょう。
ダストシールにシリコングリスの成分が付着していると劣化を遅らせる事が期待出来ます。

フロントフォーク レスポンスアップ後

画像を拡大して頂けるとシリコングリスの成分が付着している箇所が分かると思います。
この違いが嫌な方はエンジンオイルやフォークオイルを使用すると良いでしょう。

4.まとめ

  • フロントフォークのダストシール取り外し時、ダストシールとアウターチューブ間にマイナスドライバーかシール外しドライバーを差し込んだ後立てるようにしてダストシールを浮ける
  • フロントフォークのダストシール取り外し後、シリコングリスもしくはエンジンオイル・フォークオイルをインナーチューブ外周に高さ10cm程塗布してからフロントフォークを3~5回程ストロークをする。これを2~3セット繰り返す
  • フロントフォークのダストシール取り付け時、ダストシールをアウターチューブに指で確実に押し込む

Q&A

  • ダストシール内をエアブローするように書かれていますが、ダストシールはホコリなどを取り除くためにあると思うのですがホコリなどは入っているのでしょうか?
    • 長い間フロントフォークのシール交換がされていないとダストシールの下に取り付けられているスナップリングの錆やダストシールで除去できなかったホコリが内部に入り込んでいます。なので、出来ればエアブローしてそれらを除去してからグリスアップを行って頂くのが望ましいです。

サスペンション簡単用語解説

  • スナップリング(フロントフォーク):軸に溝をつけ、その溝にはめることで軸方向の動きを止めるばね輪のこと

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. チョークワイヤー交換方法

    バイクのチョークワイヤー交換方法

  2. エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

    [故障診断と対策事例]エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

  3. イグニッションコイル交換方法

    バイクのイグニッションコイル交換方法

  4. フロントフォーク大気解放方法

    バイクのフロントフォーク大気解放方法

  5. フロントフォークのオイル交換・スプリング交換方法

    バイクのフロントフォークオイル交換・スプリング交換方法

  6. スパークプラグとは

    スパークプラグとは

  7. クラッチレバー交換方法

    バイクのクラッチレバー交換方法

  8. スパークプラグ交換方法

    バイクのプラグ交換方法

  9. ブレーキレバー交換方法

    バイクのブレーキレバー交換方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ALLメンテナンスSHOPは現在メンテナンス中です。ご迷惑をお掛けしております。

最近の記事

  1. [故障診断と対策事例]エンジンの始動不可、燃料タンクにサビ発生を確認。
  2. バッテリーの選び方 バッテリーの選び方・交換時期・お勧めメーカー
  3. エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くなる [故障診断と対策事例]エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン…
  4. ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない [故障診断と対策事例]ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない
  5. プラグキャップが容易に外れる2 [故障診断と対策事例]プラグキャップが容易に外れる
  6. 走行すると、リアホイール周りからカタカタ異音が発生 [故障診断と対策事例]走行すると、リアホイール周りからカタカタ異音が発生
オールメンテナンス LINEアット バナー-2

ぼやきフォーム





問い合わせ程でもない内容は、こちらでぼやいてね!

チェック入れてね

PAGE TOP