エンジンオイル

エンジンオイル

エンジンオイル5つの役割

エンジンオイルは「バイク(車)の血液」などとよく言われるほど、バイクのエンジンにとってはとても重要な存在ですので、バイクのメンテナンスにおいてエンジンオイルの交換は、すでにバイクを所有している方にとっては最も馴染のあるメンテナンス作業でしょう。

エンジンオイルがなぜエンジンにとってなくてはならず、さらに定期的に交換しなくてはならないのかという理由は、エンジンオイルには、下記に挙げる5つの大切な役割があるからなのです。

潤滑

エンジン内部には、「シリンダーとピストン」「クランクシャフトとコンロッド」「カムと吸排気バルブ」など金属製の部品同士が擦れ合っている箇所がいくつもあります。

それらの箇所は1分間に数千回転もの高速で回転し、バイクを進めようとする負荷もかかっているため、金属同士がそのまま擦れ合っていると、摩耗し熱を持ち、最悪の場合焼き付きを起こしてしまうのです。

そこで、エンジンオイルが金属同士の間に入り込み、「オイルの膜=油膜」を形成することによって、金属同士が直接擦れ合うことを防いでいます。

冷却

エンジンは爆発や、回転による摩擦などによりかなりの高温になり、当然そのままでは焼き付いてしまいますので、水冷エンジンでは「冷却水(クーラント)」を使ってエンジンが高温になり過ぎるのを防いでいます。

空気でエンジンを冷やす空冷エンジンに比べ、冷却能力の高い水冷エンジンですが、冷却水を満遍なく行きわたらせることは不可能で、特にもっとも熱の影響を受けるピストンを直接冷却水が冷やすことはできません。

そこで、冷却水だけではなく、エンジンオイルがエンジンの内部を回ることによって冷却の手助けをしているのです。

また、レーシングモデルや、チューニングしたエンジンにオイルクーラーを取りつけるのは、温度を下げてオイル自体の油膜切れを防ぐという目的のほかに、高温になりやすい高出力エンジン自体の冷却効果を高める狙いもあります。

防錆

先述してきたように、エンジン内部はとても高温になるため、例えば夜帰宅して止めておくと、外気との温度差の影響でエンジン内部に入り込んだ水蒸気が冷やされ水分が発生します。

この水分を放っておくと、金属パーツの多く、さらに高温になることで酸化しやすいエンジンの内部は、例え少量の水滴であっても錆が発生してしまう原因になってしまうのです。

こういった錆はエンジンの基本的な性能低下の要因になるだけでなく、エンジンの寿命を著しく縮めてしまうことに繋がりますので、エンジンオイルは錆の発生を抑制するという大切な役割があります。

洗浄

エンジンオイルが汚れるのは皆さんよくご存じのことと思いますが、エンジンオイルが汚れるということは、見方を変えると、エンジンオイルがしっかりとエンジン内部を洗浄してくれている証拠なのです。

エンジンオイルの汚れる原因は大きく分けて2つの要因があり、1つは金属同士が擦れることで発生する「金属粉」。

そしてもう一つの要因は、ガソリンが燃えることで発生する「スス」で、このススは、吸入空気に含まれる不純物や、ガソリンと一緒にごく少量燃えているエンジンオイル、そして、ガソリンが燃焼するときに発生する炭化物質などで、エンジンが内燃機関である以上、ススの発生は避けられません。

こういった金属粉やススがそのままエンジン各部に残ってしまうと、スラッジという汚泥のような物質になってしまい、エンジンオイルの通り道を塞いでしまうなど、エンジンオイルの潤滑ができなくなったり、エンジンの作動そのものを阻害してしまう原因になります。

密閉

私が整備士の後輩や学生などに、エンジンオイルの役割を説明するような質問をした際、意外と最後まで出てこないのが、この「密閉作用」です。

エンジンのピストン(正確にはピストンリング)とシリンダーの間にはごく僅かな隙間があり、この隙間が無ければ、高温高圧高回転には耐えられません。

しかし隙間があるということは、その隙間から燃焼ガスが漏れるということですので、エンジンパワーの源である燃焼圧が逃げてしまい、高出力を得ることはできません。

そこで、ピストンとシリンダーの隙間にエンジンオイルが入り込むことによって、潤滑と同時に隙間を埋め、圧力を保持しているのです。

ちなみに、年式の古い、少々パワーが落ちてしまったエンジンの場合は、粘土の高いオイルを入れることで気密性能が向上し、落ちてしまったパワーを取り戻せる可能性があります。

 

エンジンオイルの種類

エンジンオイルの主な役割が分かったところで、次は自分のバイクにはどんなエンジンオイルが合うのかと言うことになりますが、含まれている成分や製法により大きく3つに分類され、さらに、エンジンオイルは、油の粘土やグレードなどに違いがあるのです。

成分や製法による分類

エンジンオイルの成分は、大きく分けて「ベースオイル」と呼ばれる元となるオイルに、さまざまな機能を持った「添加剤」を混ぜることで製品として販売されています。

ベースオイルは、「鉱物油」「部分合成油」「化学合成油」の3つに分類され、エンジンオイルの価格と性能に大きく影響する、まさしくベースになるオイルです。

エンジンオイルは、API(アメリカ石油協会)が定めた規格により、グループⅠ~グループⅤの5つに分類され、グループⅠ~Ⅲを鉱物油として分類、グループⅣ~Ⅴを化学合成油とすること位なっているのですが、メーカーによっては、グループⅢの鉱物油を「化学合成油」「全合成油」と曖昧な表記を行っている製品が増えています。

また、日本には化学合成油の定義が無く、余計わかりにくくなってしまっているため、この記事においてのはより正確にお伝えするため、下記3つのベースオイルは、APIグループⅣ~Ⅴを化学合成油として解説します。

化学合成油

100%化学合成油とも呼ばれているベースオイルで、レース用エンジンや、高性能スポーツカーなどのエンジンに使用するような高性能で価格も高い最高級オイルに使われます。

元は下記のベースオイルと同じ鉱物油ですが、複雑で高度な精製方法により、鉱物油に含まれるエンジンオイルに不要な不純物を限りなく取り除いた高純度のエンジンオイルです。

価格は他のオイルに比べかなり割高になりますが、温度による影響を最も受けにくく、油膜の保持力も高いため、あらゆる条件の下でも安定した性能を発揮します。

部分合成油

上記の化学合成油と下記鉱物油を足したちょうど中間に位置するグレードで、量販店などで比較的安価で売られている高性能オイルは部分合成油であることがほとんどです。

化学合成油と比較すると当然絶対的な性能は劣りますが、通常の使用では全く問題はなく、むしろ化学合成油のような特殊性が無く、気軽に使用することができます。

また、価格も比較的手ごろで、価格と性能のバランスがもっとも取れたグレードと言えるでしょう。

鉱物油

APIグループⅠ~Ⅲに分類されるオイルで、上記の2つに比べると性能が劣ることは確かですが、基本的に実際の使用には全く問題無く、一部の高性能バイクを除き、純正指定のエンジンオイルは鉱物油を使用しています。

価格がもっとも手ごろで、1万回転を多用するようなサーキット走行などをしないのであれば、価格を抑えた鉱物油を使用したエンジンオイルを使い、こまめに交換するという使用方法もオススメです。

粘度と等級

公道を走行するバイクのエンジンオイルを選ぶ上で、上記のベーオイル以上に重要になってくるのが、エンジンオイルの粘度と等級です。

粘度

現在日本で販売されているエンジンオイルには、SAE(アメリカ自動車技術者協会)が定めた粘度分類が用いられ、「5W-40」のように2つの数字で表記されるものをマルチグレード、「SAE30」と1つの数字で詳記されるオイルをシングルグレードと呼びます。

現在一般的に市販されている車やバイク用のエンジンオイルは、マルチグレードのエンジンオイルで、表記されるWはウインター(冬)という意味を表し、一緒に掛かれている前半の数字が小さければ小さいほど低温でも固くなりにくいという特徴を持っているのです。

そして、後半の数字が大きいほど高温でも対応できるということになりますが、その分低温時はもちろん、エンジンオイル自体の粘度は固くなっていきます。

グレード

バイクなどのガソリンエンジンに用いられるグレードは、API規格のSL、SMといった、「S+アルファベット」で表記され、後に続くアルファベットが後ろに進むほど高性能ということになります。

ただし、詳しくは後述しますが、最新のグレードであるSNを使えば良いのかというとそうではなく、基本的にはバイクに付属している説明書やメンテナンスノートに書かれているメーカー推奨グレードを使うことがオススメです。

また、API規格のほか、日米の自動車工業会(ILSAC)が制定している規格では、主に省燃費性能に優れたもので、最新のグレードはGF-5となっています。

 

エンジンオイル交換の必要性

バイクメンテナンスの基本とも言えるエンジンオイル交換ですが、なぜオイル交換をしなければならないのか、また、どういったエンジンオイルを選ぶべきなのかについてお話していきます。

エンジンオイル交換の時期は?

一般的な市販車で、なおかつ新車下したての慣らし状態でなければ、3,000~5,000kmまたは、6か月で交換というのが望ましいとされていますが、バイクに付属の説明書に書かれている粘度およびグレードのオイルならば、説明書に書いてある距離と時期を守っていればまず間違いありません。

ただし、バイクは車に比べ、常用回転数が高く、また、エンジンが露出しているため、車に比べエンジンオイルの劣化は早いと言われます。

また、いつも近場ばかりの移動で1回の走行距離が少ない場合は、どうしてもエンジン内に水分が発生しやすくなり、エンジンオイルの劣化を早めてしまいます。

逆に、高速道路や山道などの高負荷運転が多いという方の場合の、当然のことながらエンジンオイルに掛かる負担は大きくなるでしょう。

したがって、このくらいの距離と期間が正解という答えはなかなか言いづらいのも事実ですので、私の経験でのオススメは、一般的な公道での使用とメーカー推奨のグレードを使うことを前提にするならば、距離ではなく3カ月や6カ月と期間を決めてコンスタントに交換することをオススメします。

どんなエンジンオイルを選ぶべきか

上記の粘度やグレードの項目でもお話しましたが、鉱物油よりも化学合成油、SLよりSNの方が高性能だから良いというわけではありません。

例えば、化学合成油や高級オイルと言われているエンジンオイルには、メーカーが開発したさまざまな添加剤が入っているため、特に年式の古いバイクに使用されているオイルシールなどに悪影響を与え、オイル漏れしやすくなってしまうこともあります。

また、化学合成油に市販の添加剤などを追加で入れてしまうと、化学変化を起こしエンジンオイルが硬化してしまうといったことが実際にあります。

そして、特にSNグレードのオイルは省燃費性能を重視したオイルになっているため、もともとの熱量が高い空冷エンジンや、年式の古いエンジンには向きません。

そのため、値段やグレードで決めるのではなく、自分のバイクに合ったオイルを選ぶことが何よりも大切ですので、もし不安であれば、ショップなどに相談してみると良いでしょう。

とりあえず高いオイルを入れておけば安心?

たまに、「○○○○っていう高性能オイルを入れたから1年間オイル交換しなくてもいいんだよ。」という言葉を耳にしますが、この考え方はあまりオススメできません。

確かに高級オイルと呼ばれるエンジンオイルは、酸化しにくい特性を持っていることが多く、下位グレードのオイルにくらべれば酸化し難いという観点では優れています。

しかし、どんなエンジンオイルでも確実に酸化し、劣化していきますし、さらに高級オイルの中にはエンジン内をきれいにする洗浄能力に優れたものも存在しますので、下位グレードのオイルに比べ、汚れやすい場合もあります。

つまり、交換時期を長くなると、使い方によっては、劣化したオイルを使う時間が長くなるということになってしまう可能性があるということです。

そのため、標準的なエンジンオイルよりも3倍近くする高級オイルを1年間引っ張るのではなく、標準的なエンジンオイルを4カ月に1度交換する方が、結果的にエンジンにとっては良いということが言えるのではないでしょうか。

 

関連記事

  1. ABS

    ABS

  2. CDI

    CDI

  3. ホイール

    ホイール

  4. フレーム

    フレーム

  5. ターボ

  6. プラグ

  7. ガスケットの種類と再利用基準

    ガスケット

  8. サーモスタット

    サーモスタット

  9. クラッチ

    クラッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フレーム フレーム
  2. ピストン ピストン
  3. エンジンオイル エンジンオイル
  4. クラッチ クラッチ
  5. ヘッドライト ヘッドライト
  6. ホイール ホイール

最近の記事

  1. フレーム
  2. ピストン
  3. エンジンオイル
  4. クラッチ
  5. ヘッドライト
PAGE TOP