バイクのブレーキフルード補充方法

ブレーキフルードの補充方法

ブレーキパッド・ディスクが摩耗するにつれブレーキフルード量は減少していくので、ブレーキフルード量が少ない場合はリザーバータンクのUPPERレベルまで補充しましょう。
ブレーキパッドが摩耗しブレーキフルードが減少が進むとエアが噛み、ブレーキが制動しなくなる危険性があるので注意しましょう。

今回はブレーキフルードの補充方法について解説します。
是非、参考にして頂きたい。

整備情報

  • 交換時期: リザーバータンクのブレーキフルード残量が約2/3以下。
  • 時間: 約5分
  • 費用: 0円~1,500円
  • ショップ工賃: 約500円
  • 難易度: ★☆☆☆☆

作業手順

1.リザーバータンクキャップ取り外し

バイクのメンテナンススタンドの使用場面

リアスタンドを使いリザーバータンク液面を水平にしましょう
詳しくは、メンテナンススタンド使用方法をご覧ください。

センタースタンドがある場合はセンタースタンドで構いません。

ブレーキフリザーブタンク水平画像

サイドスタンドで行う場合は、ステアリングを左右に切ってみてリザーバータンクがなるべく水平になる位置に調整しましょう。

リザーブタンク回りにウエスを巻く

リザーバータンク周辺をウエスで覆いましょう。
ブレーキフルードがこぼれて塗装面に付着すると塗装が剥がれてしまうので注意しましょう。

ブレーキリザーブタンク ネジ外しリザーブタンクにリザーブタンクキャップを入れる-2

リザーバータンクキャップを取り外しましょう。
固着気味だとナメやすいのでドライバーを強く押付けながら(押し8割・回し2割)緩めましょう。

ダイアフラムプレートをリザーブタンクに入れる-2ダイアフラムをリザーブタンクに入れる-2

ダイヤフラムプレートとダイヤフラムを取り外しましょう。

3.点検・清掃

ダイヤフラム破れ点検

ダイアフラムに破れがある場合は正常に動作しないので交換しましょう。

リザーブタンクキャップ溝リザーバータンク溝清掃

リザーバータンクキャップの溝が異物でふさがっている場合は清掃しましょう。
ふつうめの歯ブラシや、つまようじで溝を清掃すると綺麗になります。

ダイアフラムプレート穴ダイヤフラムプレート穴清掃

ダイヤフラムプレートの穴が異物でふさがっている場合は清掃しましょう。

5.ブレーキフルード補充

リザーブタンクにブレーキフルード注ぐ-2

新品ブレーキフルードをリザーバータンクに注ぎましょう。
ブレーキフルード購入はこちら

リザーブタンクに補充2UPPERライン

ブレーキフルードをUPPERレベルまで補充しましょう。
LOWERからUPPERの中間位置ではなくUPPERまでブレーキフルードを補充しましょう。

6.リザーバータンクキャップを取り付ける

ダイアフラムをリザーブタンクに入れる-2

ダイアフラムを取り付けましょう。
ダイアフラム中心部が押し出されて変形している場合は、元に戻して取り付けてください。

ダイアフラムプレートをリザーブタンクに入れる-2

ダイアフラムプレートを取り付けましょう。

リザーブタンクにリザーブタンクキャップを入れる-2

リザーバータンクキャップを取り付けましょう。

ブレーキリザーブタンクキャップ取り付け

リザーバータンクキャップの固定ボルトを取り付けましょう。
締め付けすぎるとリザーバータンクが割れる為、力の掛けすぎには注意しましょう。

7.まとめ

  • ブレーキフルード補充前、車体を水平にする
  • ブレーキフルード補充前、リザーバータンクキャップ溝とダイヤフラムプレート穴の清掃とダイヤフラムの破れ点検をする
  • ブレーキフルード補充時、ブレーキフルードが変色している場合はブレーキフルード交換する
  • ブレーキフルード補充時、リザーバータンクのUPPERレベルまで補充する

Q&A

  • リザーバータンクの塗装が剥げてしまっていた。
    • ブレーキフルードが溢れた際は水を使用して除去しましょう。塗装の剥げの対策として、再塗装もしくは交換しましょう。ブレーキフルード補充後に水で洗い流すと安心です。
  • リザーバータンクキャップ取り付けねじが舐めてしまったのですが対処法はありますか?
    • ショックドライバードリルアウト
      ショックドライバーもしくはドリルアウトでの救出がお勧めです。
      但し、リザーバータンクが樹脂製の場合は破損する危険性があるのでショックドライバーの使用は止めましょう。
      リザーバータンクが金属:ショックドライバー・ドリルアウト
      リザーバータンクが金属以外:ドリルアウト
      ショックドライバー購入はこちら
      ドリルアウト購入はこちら
      ※ドリルアウトの使用は、電動ドリルが必要です。
  • ブレーキフルードが黄色っぽいのですが、このまま補充して良いでしょうか?
    • ブレーキフルード新品ブレーキフルード劣化
      ブレーキフルードは劣化するほど茶色に変化していきます。
      画像左:新品のブレーキフルード。
      画像右:劣化したブレーキフルード。
      もし、黄色に変化しているのであれば補充では無くブレーキフルードを交換しましょう
      特に車検が無い車両に劣化している場合が多く、そのままブレーキフルード交換せずに乗り続けているとエアが噛んでブレーキが効かなくなる場合があるので2年周期で交換しましょう。
      ブレーキフルードはこの他に、などの色が流通しています。
  • リザーバータンク内に固形のカスみたいなのがあるんですがどうすればいいでしょう?
    • ほこりなどの外部から入ったものなら、清掃したマイナスドライバーですくって取り除きましょう。
      ブレーキフルードが劣化して出来たものなら、長期に渡りブレーキフルードが交換されていない為に発生したものです。リザーバータンクに異物が浮いている場合は大抵キャリパー内に汚れが溜まっていたりキャリパーピストンが固着気味のケースが多いので、オーバーホールをする事が望ましいです。
      オーバーホールしないのであれば、リザーバータンク内のブレーキフルードをスポイトで抜き取りウエスで綺麗にリザーバータンク内を清掃した後にブレーキフルードを交換しましょう。
  • ダイヤフラムが正常に動作しないと記載がありますが、どういう動作をするのでしょう?
    • ダイアフラムプレート穴リザーブタンクキャップ溝
      リザーバータンクはブレーキフルードを一時的に保管する場所ですが、ブレーキパッドが摩耗する事でブレーキフルードが減少するとリザーバータンク内が負圧になります。その負圧を発生させない為に上記画像のようにリザーバータンクのカバーとダイヤフラムプレートに溝が設けられており、その溝を通って空気が入ります。ダイヤフラムが破損しているとブレーキフルードが車体を傾けた際に漏れる可能性があります。
      リザーバータンクの役割をまとめると以下の通りです。
      ・リザーバータンクからのブレーキフルード漏れ防止
      ・リザーバータンク内のブレーキフルード泡立ち防止
      ・パッド残量減少に伴うリザーバータンクの負圧調整
  • ブレーキフルードはUPPERレベルまで注ぐように記載されているのですが、中間位置でも問題ありませんか?
    • ブレーキパッドが摩耗すると約LOWER位置までブレーキフルードが減るので、エアが噛んでブレーキレバーの感触が無くなりブレーキが機能しなくなります。
      安全の為にブレーキフルードはUPPERレベルまで補充しておきましょう。

お勧め

プラスチックのリザーバータンクの場合、保護目的でプラスチック光沢剤を使用すると光沢で見栄えが良くなり保護にもなります。

リザーブタンクにプラスチック光沢剤-2リザーブタンクにプラスチック光沢剤2-2リザーブタンクにプラスチック光沢剤3-2

ブレーキ簡単用語解説

  • ブレーキパッド:ブレーキディスクと接触する事で熱エネルギーを発生させる代わりに速度を落とす。キャリパーに装着されている。
  • パッドスプリング:ブレーキパッドにテンションを与えブレーキパッドの脱落防止の役割。
  • パッドピン:ブレーキパッドを保持する役割。
  • ピンプラグ:パッドピン脱落防止の栓
  • シム:ブレーキの鳴き防止とブレーキフルードへの断熱の役割。
  • ブレーキディスク:ブレーキパッドと接触する事で熱エネルギーを発生させる代わりに速度を落とす。ホイールに装着されている。
  • ブレーキキャリパー:ブレーキパッドをブレーキディスクへ押さえつける役割。
  • キャリパーピストン:ブレーキパッドを押す
  • ダストシール:キャリパーピストンとキャリパーの間に配置され、雨水やほこりをキャリパー内に入り込ませない役割。
  • オイルシール:キャリパーピストンとキャリパーの間に配置され、キャリパー内のブレーキフルードを留めておく役割。
  • リザーバータンク:ブレーキフルードを一時的に保管する場所。ブレーキフルードが減少すると外から空気が補充して常に大気圧をちブレーキフィーリング低下を防ぐ。
  • ブリーダー:ブレーキフルード交換時にブレーキフルードを排出する役割。
  • ブレーキマスター:ブレーキフルードを圧送する役割。
  • ブレーキレバー:ブレーキマスターのピストンを押し、ブレーキマスターを機能させる役割。
  • テールランプ::後続車へ走っている事を知らせる車体後方のライト。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. フロントブレーキディスク交換方法

    バイクのフロントブレーキディスク交換方法

  2. フロントブレーキフルードの交換方法

    バイクのフロントブレーキフルード交換・エア抜き方法

  3. リアブレーキディスクの交換方法

    バイクのリアブレーキディスク交換方法

  4. ブレーキランプバルブ交換方法

    バイクのブレーキランプバルブ交換方法

  5. ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない

    [故障診断と対策事例]ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない

  6. リアブレーキペダルの高さ調整方法

    バイクのリアブレーキペダル高さ調整方法

  7. フロントブレーキキャリパー取り外し・取り付け方法

    バイクのフロントブレーキキャリパー取り外し・取り付け方法

  8. リアブレーキキャリパー取り外し・取り付け方法

    バイクのリアブレーキキャリパー取り外し・取り付け方法

  9. リアブレーキパッド交換方法

    バイクのリアブレーキパッド交換方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ALLメンテナンスSHOPは現在メンテナンス中です。ご迷惑をお掛けしております。

最近の記事

  1. [故障診断と対策事例]エンジンの始動不可、燃料タンクにサビ発生を確認。
  2. バッテリーの選び方 バッテリーの選び方・交換時期・お勧めメーカー
  3. エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くなる [故障診断と対策事例]エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン…
  4. ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない [故障診断と対策事例]ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない
  5. プラグキャップが容易に外れる2 [故障診断と対策事例]プラグキャップが容易に外れる
  6. 走行すると、リアホイール周りからカタカタ異音が発生 [故障診断と対策事例]走行すると、リアホイール周りからカタカタ異音が発生
オールメンテナンス LINEアット バナー-2

ぼやきフォーム





問い合わせ程でもない内容は、こちらでぼやいてね!

チェック入れてね

PAGE TOP